安価な費用で憧れの二重が整形で自分のものに~フフフの二重~

気軽に二重になれる

ビフォーアフター

顔のパーツは、それぞれ重要ですが、特に印象が変わるのが、目です。目の大きさが少し変わるだけでも、顔の印象というのは大きく変わるものです。一般的には目が大きい方が、可愛らしい、美人などの印象を与えることができます。そのため、多くの人が目を大きくしたいと願っています。ただ目が大きくなるだけではなく、二重まぶたというのが重要なポイントです。二重まぶたは、目がぱっちりとしていて、良い印象を与えることができるのですが、二重にも様々な種類があります。欧米人に多い二重が、平行型です。平行型というのは、目頭から目尻まで二重の幅が一定のものを言います。このタイプの二重は、世界的に見て最も多いです。それに対して、日本人に多く見られるのが、末広型の二重です。これは、目尻に向かっていくにつれて、二重の幅が広くなる二重のことです。このタイプは、ナチュラルメイクが似合います。一重と勘違いされやすいのが、奥二重です。奥二重は、二重の幅がとても狭くなっているタイプの二重です。一重だと思っていたけど、実際は奥二重だったということもあります。このように二重にも様々な種類があります。

二重にしたいと思っていても、自力で二重にするのは簡単なことではありません。そこで利用するのが、美容外科クリニックです。美容外科クリニックで整形をすることで、二重にすることができるのです。二重にする際は、理想の二重をしっかりと伝えることが大切です。二重のタイプを理解して、自分の顔に合った二重にするようにしましょう。整形をすることができるクリニックは様々ありますが、クリニック選びはとても重要です。整形は、医師の腕が出来栄えに影響しますから、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。症例数が少ないクリニックよりも、多いクリニックを選んだ方が良いです。費用を把握しておくことは大切ですが、費用だけを重視してクリニックを選ぶのは良くありません。費用や治療方法など総合的に考えて選ぶことが大切です。

一重をごまかすために、アイプチをしたり、メイクをしたりしている人は多いです。アイプチやメイクは、手軽に行なうことができますし、費用も安いのですが、毎回手間がかかりますし、皮膚がたるんでしまう可能性もあります。埋没法なら、切開することなく、綺麗な二重まぶたになることができます。美容外科クリニックで行なう二重まぶたの整形は、メスを使って手術するものだけではありません。埋没法はプチ整形なので、整形に抵抗がある人でも気軽に行なうことができます。埋没法とは、皮膚を垂れ下がらないように糸を使って固定するというものです。この固定する位置によって、二重まぶたの幅を決めることができます。糸で止めるという単純なものですから、大掛かりな手術をしなくても憧れの二重になることができるのです。

埋没法を行なう場合、カウンセリングで二重のデザインを行なうことから始まります。このデザインに合わせて、医師は二重を作っていくので、とても重要です。自分が理想としているデザインを正確に伝えるようにしましょう。デザインが決まったら、局所麻酔を行います。点眼薬で麻酔をしたり、局所麻酔をしたりします。麻酔をする時には痛みを感じますが、麻酔が効いてくれば痛みを感じることはありません。麻酔が効いてきたら、皮膚を切開します。切開と言っても、大きく開けるわけではなく、数ミリ程度です。そして、その後を使って糸をかけていきます。最後は糸を結んで終了です。糸の結び目は皮下に収めるので外見では糸は見えません。埋没法の費用相場は、90,000円~100,000円程度です。手術費用だけではなく、血液検査や初診料などでも費用がかかります。